生命保険で遺族保障を効率的に!

生命保険の特徴を生かして、生命保険で合理的に遺族保障を充実し
万が一のときに残された遺族が十分な生活、教育ができることを目的に記事を書きます。
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

長割り終身保険でただで医療保険、がん保険

損得で保険を考える場合は、長期の貯蓄、そして医療、がん保険がただで付けられる
こんなのが理想かな。保険料払い終わると老後に3,000万円たまっている。
医療保険、がん保険の掛け捨ての保険料を差し引いても
支払った保険料より戻ってくる解約返戻金のほうが多い。

こんな設計できますよ。

20代、30代の方であれば、上記のことが現在可能かなあ。

ただし、保険料は安くない。
貯蓄型の設計だから、保険料は安くない。
でも、戻り(返戻金の額)が大きいので仕方が無い

東京海上日動あんしん生命の長割り終身保険を使うと
設計できますね。

60歳までの払込で、・・・後は内緒にしておきます。
近くの東京海上日動あんしん生命代理店にお聞き下さい。

ヒント
長割り終身保険を60歳までの払込
がん治療支援保険も60歳までの払込
医療保険も60歳までの払込

さて、生命保険料はいくらになるか

これだと、老後の生活費も同時に確保できますね。

保険 見直し

20代の遺族保障?必要なのか?

表題の件の「20代の遺族保障?必要なのか?」
あなたはどう思いますか?

20代の死亡保障は必要ですか。

あなたがもし20代だったらどのように考えますか。

あなたがもし20代で結婚していたらどのように考えますか。

あなたがもし20代で結婚していて子供がいたらどのように考えますか。

死亡保障はその人の置かれている立場で違ってきます。

20代の独身の男女の死亡保障はあまり重要ではないと思います。
医療保障やがん保障の生きていくために必要です。
もうひとつ、あったら良いなあと言う保障は「終身保険」です。

万が一の葬式代としての終身保険
万が一の余命宣告での生存での保険金受け取りの終身保険
万が一ではなく、老後の生活費にも当てられる終身保険

終身保険は万が一や生存での利用が可能な使い勝手のいい保険です。

が、結婚していたり、さらにはお子さんがいたりの
20代の人の保険は終身保険に加えて定期保険が必要になります。

あなたの置かれている立場で保険設計してもらいましょう。

終身保険の特徴を生かした設計

終身保険って知っていますか?

終身保険は死亡のときにお金が下りる(保険金が払われる)
だけではなく、生存でもお金を受け取ることが出来ます。

終身保険は
生存保険料と死亡保険料で成り立っています。
(ココでは保険会社の固定費などの説明は省きます)

終身保険ですから、万が一死亡されたときに遺族に保険金として
払われます。

が、万が一お金が必要になったとき、終身保険を解約して
お金を受け取ることが出来ます。


今は、死亡系の保険が売れない時代だと言われますが?
ちょっと待ってと言いたいです。

終身保険は契約した初期に解約すると解約返戻金は
微々たるものかも知れませんが、長い間続けると
解約返戻金もそこそこ貯まってきます。

払込期間や保険金額(万が一の受取額)を調整すれば
終身保険+医療保険+がん保険で十分かも知れません。

生命保険賢く加入しましょうね。
出来れば、生保大学の資格を持った営業の方に設計してもらって
ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。